【お知らせ】これからの森里海連環学教育プログラムにつきまして

森里海連環学教育プログラムは200名を超える修了生を輩出し一定の役割を終えたという判断から、2019年度から新たな体制のもと再出発いたします。

 新たな体制とは、学内に設置された京都大学ユネスコチェアWENDIにおける6つの教育コースの一つ*としてさらに国際化を進めた教育プログラムであり、他のコースの科目も履修できるなど学内に幅広く展開されたものとなります。

 また、修了証については、ユネスコチェアマンの名前も併記され、今後国際的に活動するにあたっては、非常に大きな支援材料となります。

 今後は、履修から修了まで他のコースと歩調をあわせ進めていくことになります。まだ細部まで決まっているわけではありませんが、2019年4月から京都大学ユネスコチェアWENDIの森里海連環学コース(以下、ユネスコチェア森里海連環学コース)として出発します。ユネスコチェア森里海連環学コースを修了するには、「ユネスコに係るガイダンスレクチャー」(必須、0単位)及び10単位の取得が必要となります。

 ただし、2019年度も引き続き履修する学生については、2019年度に限り従前の森里海連環学教育プログラムの修了が可能となっています。

 

*UNESCO Chair WENDI, Kyoto University: Connectivity of Hills, Humans and Oceans (CoHHO) Course(水・エネルギー・災害研究に関する京都大学ユネスコチェア、森里海連環学コース)

 

WENDIホームページ

http://wendi.kyoto-u.ac.jp/

                                                                                              2019年3月11日

                                                                                             森里海連環学教育研究ユニット長

                                                                                              山 下 洋

 

pagetop
Search