森里海連環学スタディツアー2014春 in 近江八幡

2014年3月23日(日)に、「森里海連環学スタディツアー2014春 in 近江八幡 ~ラ・コリーナに行こリーナ!~」を開催しました。

森里海連環学教育プログラムでは、来年度から、近江八幡で実習を行う予定です。今回は、そのプレ行事として、プログラムの履修生を対象に、琵琶湖の森(山)・里(水田)・海(湖)のつながりを体感し、竹林整備と植樹を体験するスタディツアーを実施しました。

前日までの悪天候とは打って変わって、とても穏やかなポカポカ陽気でした。きっと、みんなの日頃の行いが良かったんでしょうね。

8時45分 京都大学北部構内グラウンド前に集合
 「みんな、お昼ごはん持ってきた?」「誰が、まだ来てない?」

P1000001

9時00分 出発、進行!
 バスの中では、学生もスタッフも、1人ずつ自己紹介をしました。

P1000003 P1000005

10時15分 近江八幡に到着
 休憩をかねて、日牟禮八幡宮を少し見学しました。
 「おみくじは、どうだった??」

P1000006 DSC02143

11時00分 水郷めぐり
 日牟禮八幡宮から、八幡山の周りを時計回りに走って、琵琶湖を眺めながら、西の湖へ移動し、
 権座・水郷を守り育てる会にご協力いただいて、西の湖に浮かぶ権座周辺をめぐりました。
 思った以上に湖面が近くて、ちょっと興奮!
 昔は西の湖でウナギが獲れた、という話には驚きました。
 「大阪湾から溯上してくる」「どうして、ウナギは琵琶湖に来るの?」「食べられるため(笑)」
 学生たちの質問に笑い交じりで答えてくれる、権座・水郷を守り育てる会のみなさん。
 権座についても、熱く、分かりやすく説明してくださいました!!

DSC02153 P1000039

12時00分 昼食
 近江八幡創業の菓子メーカー、たねやが建設しているラ・コリーナ近江八幡に移動し、昼食をとりました。

P1000050 P1000051

13時00分 ミニレクチャー「ラ・コリーナ近江八幡プロジェクト」
 たねやグループCEO、山本昌仁氏に、ラ・コリーナ近江八幡のビジョンについて、講演していただきました。
 貴重なお話を、みんな、真剣な眼差しで聞いていました。
 講演後には、全員で記念写真を撮りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
P1000065

13時30分 竹林整備&植樹体験
 2つのグループに分かれて、八幡山の麓(ラ・コリーナ近江八幡の裏)での竹林整備と、
 ラ・コリーナ近江八幡の駐車場脇への植樹を、交代で体験しました。
 みんなで協力して、慣れない道具の扱いに奮闘しつつ、竹を伐り出しました。
 植林も、斜面での作業だったため、思っていた以上に大変でした。
 「ずり落ちる」「掘り出した砂が流れて行く」「ここ、固い」「地面に垂直って、こんなもん??」
 大きく伸びた姿を、ぜひ見に行きたいものです。

DSC02168 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

16時00分 ラ・コリーナ近江八幡を出発
 予定の作業を終え、帰路に着きました。
 大きな渋滞もなく、17時30分過ぎ、日が沈む前に、帰学することができました。

みなさん、1日、お疲れ様でした。誰もケガをすることなく、無事に帰って来られて、本当に良かったです。
来年度は、『森里海連環の理論と実践』など、森里海連環学教育プログラムのいくつかの授業が、近江八幡で実施される予定です。ぜひ、履修してくださいね。

pagetop
Search