森里海連環学教育プログラム第1回修了式

2014年3月24日(月)に、京都大学旧演習林事務室共同会議室において、森里海連環学教育プログラム第1回修了式を開催しました。

2013年度にプログラムを履修した77名の学生のうち26名が、1年間で無事に修了を迎えました。就職活動や新生活の準備で忙しいなか、13名の修了生が、ユニット教職員、各自の指導教員、プログラム関係教員らに見守られながら、開講式と同じ場所で、山下 ユニット長から修了証を受け取りました。

修了生代表挨拶と同窓会設立宣言では、とても堂々としたスピーチが披露され、荻上 日本財団 海洋安全・教育チームリーダーからも、「1年前は、この場所で不安そうな顔をしていたけれど、今日は、皆、すごく晴れやかな顔をしている」と、ご祝辞を賜りました。

前日のスタディツアーで親睦を深めた修了生たちには、その余韻が残っていました。式の前後に、修了生同士で写真を撮り合ったり連絡先を交換し合ったりしている姿には、感慨深いものを感じました。1年間という決して長くはない時間の中で、彼らの心に残せるものが出来たことは、非常に嬉しく思います。

修了生は、今後それぞれのフィールドで森里海連環学の研究や実務能力をより発展させていきながら、森里海連環学の修了生としてプログラムの発展も支援していただけたら幸いです。修了生の皆さまの今後のご活躍を心より祈念いたします。

プログラムの将来の発展を楽しみにするとともに、今後のさらなるプログラムの充実のために全力を尽くして参ります。

式次第

開会挨拶

山下 洋 森里海連環学教育ユニット長

祝辞

藤井 滋穂 地球環境学堂・学舎長

荻上 健太郎 (公財)日本財団 海洋グループ 海洋安全・教育チームリーダー

宮川 恒 農学研究科長

修了生代表挨拶

萱嶋 航 農学研究科修士課程

2014年度京都大学―日本財団 森里海連環学フェロー授与式

森里海連環学教育プログラム同窓会設立宣言

Stephane Olivier Randriamanantsoa 地球環境学舎修士課程
(同窓会会長、2013年度京都大学―日本財団 森里海連環学フェロー)

記念撮影

IMG_4750b IMG_4756
IMG_4764 IMG_4778
IMG_4789 IMG_4802
IMG_4814
IMG_4822 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

pagetop
Search