森里海連環学スタディツアー 2014 秋 in 愛荘町 に参加した学生の感想

丸山 晃央(農学研究科 修士課程2回)

 ヨシからできた紙製品はどうしてもコストが高いので、高い値段で買ってもらわなければならない。だから、高い値段を付けても買ってもらえるように付加価値をつけなければならない。そこで、コクヨさんはかわいらしいノートを作ったりとブランド化を図ることで売ろうとしている(もちろんヨシだからこそできる商品ができたら理想ではあるが)。
 このような環境にやさしい商品を売るに際して、消費者の理解を得る(理解を得ても実際に買ってもらう)ことはむずかしい。消費者はどうしても安さを求めてしまう。同じ品質なら安いものを買おうとするのは自然なことだ。半ば強制的に国主導で推し進めなければ環境製品の購買の推進は難しいかもしれない。現在、国のエネルギー政策で、再生可能エネルギーの固定価格買取制度がある。再生可能エネルギーの値段を確実に割に合う値段に設定する制度である。これと同じような制度をエネルギー以外にも拡大させることも一つの方策であると思う。しかし、この制度が経済に与える影響(支出の増大)は決して良いものではないと思われるので、固定価格買取制度に頼らない体制のいち早い構築が求められる。
 ヨシ原の中をカヌーに乗って、移動するのはとても楽しそうだった。そういうアクティビティーができる場所としてヨシ原を利用できないだろうか。ヨシ原で迷路を作っても面白いかもしれない。観光資源にもなるかも。刈り取ったあとのヨシは家畜の飼料として使えないだろうか。輸送のコストを考えると難しいのかもしれない。

安藤 哲城(農学研究科 修士課程1回)

 今回、生物多様性に配慮した企業の取り組みという事で、コクヨ工業滋賀様を見学させて頂き、取組みの変遷やノート作成までの流れについて、非常に興味深く聞かせていただきました。また、工場内を直接見学させていただき、予想以上に機械での自動作業によって従業員が削減できている事に驚きました。
 コクヨは、ステーショナリー事業の他にファニチャー事業があるはずですので、コクヨ工業滋賀様と本社との位置づけ、また各事業の売上シェア等をより詳しく話していただけると、就活を間近に控える学生にとってより有意義になったのではないでしょうか。

Su Xinyi(農学研究科 修士課程2回)

 I am grateful that I got the chance to visit the Kokuyo Company and to learn how the production chain of papermaking industry works. As one of the top producers around the world, Kokuyo is not only productive and efficient, but also focusing on ecological production. How to use the raw materials effectively and how to deal with the wastes environmentally would be a key factor to sustainable development, which is an imperative and eye-catching issue, worth fighting for.

菫 楽(地球環境学舎 修士課程2回)

 It was a great opportunity to visit the producer of the well-known “Campus” notebooks, and the newly-designed REEDEN series. I am impressed by their fully consideration on resource recycling – using the reed from Lake Biwa, paying attention to the waste ink and so on. For consumers, the feeling of being close to nature while writing on the notebook can be very treasurable. Meanwhile, on the way to the company, I had lunch with an intoxicating scenery: autumn sunshine spreading on vast stretches of sunflowers. I always enjoyed the study tours organised by CoHHO, a good combination of experience and knowledge acquisition.

※ 森里海連環学スタディツアー 2014 秋 in 愛荘町 の詳細は、コチラ

pagetop
Search