「森里海連環学教育ユニット」と「株式会社たねや」との連携調印

2015年3月2日(月曜日)に、森里海連環学教育ユニット(山下 洋ユニット長)と株式会社たねや(山本昌仁社長)は、地域の社会・環境貢献のために、「京都大学森里海連環学教育ユニットと株式会社たねやとの連携に関する覚書」を締結しました。

(株)たねや(たねやグループ)は、滋賀県近江八幡市を拠点とし、お菓子の製造販売を主な事業としています。自然に学ぶ町づくりをビジョンに掲げ、環境づくりにも取り組まれています。近江八幡市周辺の環境やたねやグループの取り組みは、森里海連環学の実践の場-森(八幡山・安土山)、里(水郷,近江八幡旧市街、伝統行事やものづくり・まちづくりへの人々の参加)、海(西の湖・琵琶湖))-として研究者の関心を集めており、森里海連環学教育プログラムでは、当地で現地実習を実施するなど、環境整備や学術的知見の提供を行ってきました。

今回の覚書により、当ユニットと(株)たねやは、(1)周辺地域の森里海(湖)を対象とした森里海連環学に関する共同研究、(2)森里海連環学教育プログラムの現地実習、(3)(株)たねやの環境づくり・ものづくりの現場でのインターンシップ研修、(4)講演会・シンポジウム、ワークショップなどの実施について、相互に連携協力し、森里海連環学の理念に基づいた地域社会への貢献を目指します。

taneya_signing_250
握手する山下ユニット長(左)と山本社長(右)
taneya_signing2_250
調印式後に山本社長がCoHHOユニット本部を訪問

pagetop
Search