森里海連環学スタディツアー 2015 春 in 近江八幡 に参加した学生の感想

山コース:田中 里奈(地球環境学舎 修士課程2回)

 八幡山の山頂付近まではロープウェイで約4分。登るにつれて近江八幡の市街地(思ったより大きい!)、山並み、小さな湖などが見えてきます。そこからは徒歩組と合流し、山頂付近を軽く散策。かつての城跡が展望広場のようになっていて、街から琵琶湖までが一望できます。春の霞の中できらきらと光る琵琶湖と周囲の山並みはとても美しく印象的でした。その他にも八幡山にはお寺や神社があり、たくさんの人で賑わっていました。近江八幡の歴史と森里海のつながりを同時に感じられる面白い場所だと思います。

湖コース:Stephane Olivier Randriamanantsoa(地球環境学舎 修士課程2回)

 Taking part in the study tour organized by the CoHHO and the Alumni association at Omihachiman has been an occasion to foster again my knowledge on the relationship between human, forest and the lake in this area. It was also an opportunity to enjoy the wonderful rural scenery and the company of other students, professors and staff of CoHHO. Apart from the wonderful experience on bamboo forest management and tree plantation on that day, I could admire the beauty of the countryside and increase at the same time my understanding of the area when joining the Suigo cruise. It was a wonderful experience to explore the lake and the surrounding environment by boat. This boat tour was very informative and resourceful since the captain of the boat, who is at the same time our guide shared detailed information of the area and its story. In the past, farmers dragged the soil under the lake and used them to make Kawara or use this fertilizer on the paddy field. When it rains, parts of the soil are brought by runoffs and came back again in the river.
 In short, it was a very interesting and educating tour, I have enjoyed a lot the different activities we had on that day.

瓦コース:井上 博(農学研究科 修士課程2回)

 瓦ミュージアムでは、敷地のいたるところに瓦が敷き詰められています。シルバー色の瓦は日本ではごく普通の瓦だが、炭素膜を表面に施すという高度な技術が用いられていることに驚きました。また、瓦粘土で自由に作品を作る体験をしました。粘土を手でこね、何を作ろうか考えながら、幼少期の思い出もよみがえってきました。世界に一つだけの瓦の焼き物焼き上げられ送られてくる日を楽しみに待っています。

※ 森里海連環学スタディツアー 2015 春 in 近江八幡 の詳細は、コチラ

pagetop
Search