森里海連環学教育プログラム第2回修了式

2015年3月23日(月)に京都大学旧演習林事務室共同会議室で森里海連環学教育プログラム第2回修了式を開催しました。今年度は23名の学生が修了を迎え、就職活動や新生活への準備で忙しい中、11名の学生が修了式に出席しました。なお、プログラムの開講初年度であった昨年度と合わせて修了生の累計は49名となりました。

今回、プログラムの教職員たちから学生に贈られた言葉の中で、また、修了に際する万感の思いを表した学生たちの言葉の中でよく言及されていたのが、違う学問分野・国の人たちと関わることの大切さ、および、プログラムを通して手に入れた仲間の大切さでした。

森里海連環学教育プログラムには、農学研究科、人間・環境学研究科、地球環境学舎を始め、京都大学内のさまざまな大学院から学生が集まってきます。また、授業は基本的に英語で行われるので留学生も多く参加しています。異なる学問分野を専門とし、興味・関心の対象も多様な学生が共に学び、時には、言葉や文化の壁を越えて互いの意見を交わし、ひとつの解を見つけることを求められる。森里海連環学は、森、里、海という異質な生態系間のつながり、延いては人間と自然とのつながりを解明し守ることを目指していますが、その根底にあるより普遍的な精神“自分と異なる存在を理解し共に生きる”ことをも学生はプログラムを通して学んでいるようです。

そして、こうした学生たちの関わり合いはプログラムがなければ生まれなかったものでしょう。彼・彼女らが共に学ぶ仲間と築いた関係は、習得した知識と同じくらい価値があるものではないでしょうか。この関係性が森里海連環学教育プログラム同窓会の活動を通して今後も維持・発展されていくことが期待されます。

修了生の皆様のご活躍を心より祈念いたします。

式次第

開会挨拶

山下 洋 森里海連環学教育ユニット長

修了証授与

祝辞

藤井 滋穂 地球環境学堂・学舎長

荻上 健太郎 (公財)日本財団 海洋グループ 海洋安全・教育チームリーダー

修了生代表挨拶

井上 博 農学研究科修士課程

奨学生挨拶

Su Xinyi 農学研究科修士課程

同窓会代表挨拶

Stephane Olivier Randriamanantsoa 地球環境学舎修士課程
2015年度京都大学―日本財団森里海連環学フェロー授与式

記念写真撮影

 

IMG_1186 IMG_1204
P1020201

 

 

 

pagetop
Search