森里海連環学スタディツアー 2016 春 in 鴨川源流

 2016年3月22日(火)に、修了記念行事として森里海連環学スタディツアーを実施しました。今回訪れたのは、京都で暮らす私たちに身近な鴨川と、その源流がある京都市北区雲ヶ畑地区です。
 鴨川では、京都府京都土木事務所の山本哲主査から、鴨川の歴史や構造、生息する野鳥などについて、1時間ほど解説していただきました。京都市の下水道は基本的に雨水と汚水の合流式になっているため、大雨の際には汚水混じりの雨水が鴨川に流れ込むという話には、皆少し衝撃を受けていました。
 雲ヶ畑では、久保常治・清美夫妻ら地域の方々にご協力いただき、昔ながらの暮らしを体験させてもらいました。昼食には、餅つき体験をさせていただき、お手製の鯖寿司もご馳走になりました。午後からは、昼食のお礼もかねて間伐作業をお手伝いしました。久保さんと、雲ヶ畑で活動している京都大学の山仕事サークル「杉良太郎(すぎよしたろう)」のメンバーから指導を受けながら、3~4人ずつの班に分かれて1人1本を目標に14年生のヒノキを伐り出しました。急な斜面での間伐作業は大変でしたが、皆熱中して取り組んでいました。
 今回のスタディツアーには、修了生も含めて11人の学生が参加しました。雲ヶ畑の方々が醸し出す和やかな雰囲気の中で、学生たちは互いの近況や経歴、研究や進路など、話に花を咲かせていました。いつになく、皆の笑顔が絶えることのない印象的なスタディツアーでした。

※ 参加した学生の感想は、コチラ
※ スタディツアーの様子が京都府のホームページに掲載されました!詳しくは、コチラ

【1日の流れ】
8:45 京都大学を貸し切りバスで出発
9:00~ 下鴨神社に参拝
     鴨川沿いで、京都土木事務所・山本哲氏による出張講義
10:15 下鴨神社を出発
11:00~ 雲ヶ畑にて、餅つき体験&昼食
      昼食後、間伐作業&炭焼き窯見学
15:30 雲ヶ畑を出発
16:30 京都大学に到着

IMG_2048

IMG_2831 IMG_2886

IMG_3095 IMG_3112

pagetop
Search