2016年2月6日 第24回京都大学地球環境フォーラム「生物が空気環境を感じる意味」

2016年2月6日(土)に京都大学益川ホールで、第24回京都大学地球環境フォーラム「生物が空気環境を感じる意味」が開催されます。

                 22094cfca40c73dfb009559f90f66eb4

日 時:2016年2月6日(土)13:30~16:45

場 所:京都大学 北部総合教育研究棟1階 益川ホール

参加料:無料

定 員:先着170名 (残席がある場合は当日参加受付可能)

プログラム:

 13:00 受付開始

 13:30~13:40 開会の挨拶

 13:40~14:20 動物にとっての酸素が持つ存外に微妙な意味

          森 泰生(京都大学大学院 地球環境学堂 教授)

 14:20~15:00 アフリカの地下に住むハダカデバネズミ?老化耐性・がん化耐性の不思議?

          三浦 恭子(北海道大学 遺伝子病制御研究所 講師)

 15:00~15:10 休憩

 15:10~15:50 シロアリの社会構造の進化と化学コミュニケーション

          松浦 健二(京都大学大学院 農学研究科 教授)

 15:50~16:40 総合討論

 16:40~16:45 閉会の挨拶

 

お申込み及び詳細は、コチラをご覧ください。

pagetop
Search